掲示板やネットで誹謗中傷された?その対策とは

自分には関係ないと思わない方が良いです

インターネットは様々な利益を世の中にもたらしてくれました。それまで顔の知らない相手とコミュニケーションを取るのはかなり難しかった物です。しかしインターネットによって、世界中の人と気軽に交流ができるようになりました。ただその中で問題になっているのか、いわれのない誹謗中傷の問題です。かつては有名人がターゲットになっていましたが、現在では一般人でもちょっとしたことで誹謗中傷がされるようになったのです。だから無関係とは言っていられないようになりました。

個人だけでは無く企業にも、あります

誹謗中傷は企業も無関係ではいられません。例えば商品にいわれのない誹謗中傷を掲示板等に書き込まれたとします。その結果として、社員が退職をする場合もありますし、融資を止められる事も否定できません。もちろん顧客が離れてしまう要員の1つになってしまうのです。もし誹謗中傷の被害に遭われたのでしたら記事や書き込みについて削除ができるケースもあります。しかし絶対に削除が出来る訳では無くて要件を満たさなければなりません。

誹謗中傷の書き込みや記事を削除できる要件とは

誹謗中傷がネット上に書き込まれたからと言って、なんでもかんでも頼めば削除して貰える訳ではありません。3つの要件を満たさなければ削除して貰えないのです。まずその情報が公共の利害に関する事実だということです。もっと具体的に言えば、特定の犯罪行為や社会生活上の地位に基づく行為と関連した情報が掲載されている場合となります。他にも情報の掲載が公益のために出た物である場合です。そのため特定の個人の論評について論評の域を越えて人身攻撃に及ぶ侮辱的な表現が用いられている場合でしたら要件に該当しません。情報が真実であるか、発信者が真実と信じるに足りるような理由がある場合もそうです。情報が虚偽であり発信者において真実と信じるに足りる相当の理由が無い場合には要件は満たされません。ちなみに抽象的に人格的な社会的価値を落とそおうとする場合は侮辱罪となります。

2ちゃんねる削除依頼をする方法は削除してほしいことを管理人に伝え、理由などを説明して了承を得る必要があります。