風評被害対策をしないとネット検索でこんなにまずい?

ネット炎上対策、考えていますか?

現在よく聞く言葉として「ネット炎上」というものがありますよね。具体的に言うとちょっとした話題をネット上でいたずら半分に拡散する人がいて、そのせいで本当の評判以上に悪い評判が広がってしまうようなことです。芸能人や一般人、会社にもよく聞かれますが、そのような自体に自分が陥ってしまった時のこと、考えたことがありますでしょうか?そして具体的な対策の仕方をごぞんじでしょうか?自分には関係ないと考えている人も多いと思います。

風評被害ではこんな被害例があります

例えばネット通販の会社、ちょっと届いた商品がパッケージがしっかりしていなかったり、中身が間違ったものが入っていました。通常ならばお詫びをして良品と交換をすればいいのですが、電話対応などを間違えて、消費者の逆鱗に触れてしまったような場合、パソコンに詳しいような人だと大変です。その会社の悪評を広げるようなサイトを作ったり、会社名を検索すると関連キーワードとして悪評に関連するようなものが表示されてしまったりします。そうすると何も知らない消費者にも悪評が広がってしまいます。

ネット上の風評被害対策はできます

そのような場合はどうしたら良いのでしょうか。まずは検索エンジンの会社に問い合わせ、不当であることを証明するような裁判を起こし、検索結果を削除することは可能です。しかし費用や時間ともに大きな負担がかかります。それ以外ではSEO関連会社での検索対策をすることが考えられます。自社に関連する別のサイトを作り上位に表示させたり、依頼して関連キーワードを消すことも可能となっています。このようなことができるのを覚えておくといざというとき困らないでしょう。

ネット上で発信された情報は残り続けるので風評被害対策は早期にすることで影響も最小に抑えることが出来ます。