オシャレでセンスあるホームページ作成のポイントとは

センスあるホームページとは

ホームページは、作成を工夫するばかりがセンスではありません。特にショッピング目的であれば、その商品の写真の撮り方や写真の挿入の仕方、画像の編集の仕方で、大きく変わるものです。ホームページを閲覧する時に、消費者の目を引くのは、写真だったりキャッチフレーズだったりしますが、それが気になれば、詳しい内容を見てみたいと思うものです。そこで、商品をアピールするために、写真をはっきり、美しく見せる必要があります。商品が引き立つために商品を置く背景を考えたり、まわりに花を添えて写真を撮ってみるのも効果的です。

センスあるホームページは色彩も大事

ホームページは、ネット上では、企業やショップの顔にもなるのもです。業種やショップの種類によって、色彩の使い方も重要です。企業の業種内容によっては、原色を使い過ぎるとセンスが疑われてしまう場合もあります。コスメや美容関係などは、なるべく爽やかな色使いが好ましく、飲食店であれば、店をオシャレに見せたり、食べ物を美味しくみせたりするために、薄い色と濃い色をうまく組み合わせて演出したりと、企業や店にふさわしい色彩感覚も大切です。

動画の使い方もポイント

大手企業などのホームページのトップのページによく、写真がランダムに変化したり、文字が動いたりと動画を使用されている場合があります。企業やショップの紹介には効果的な演出でもあります。写真のランダムの内容には、企業のアピールすべき商品をランダムに紹介したり、飲食店だったら、お店や食べ物をランダムに紹介する事で、消費者の興味を引いたり、また、センスのいいホームページとの印象付けにもなります。このように、ホームページは、画像、色彩、動画の使い方で効果をなすものでもあります。

ホームページ制作をするにあたって大事なものはいかに人に興味を持たせるかです。自分が興味を持つような文章を書いてみてはいかがでしょうか?