売れるLINEスタンプの作り方が知りたい!!

実用性のある言葉を入れよう!

意味の分からない言葉や、キャラクターのセリフなどだけでは実用性が無く、使いづらいですよね。初めて作るならまずは「おはようございます」や「ありがとう」など使用頻度の高い言葉を入れたスタンプを作るほうが良いですよ。40個もあるので言葉を考えるのは一苦労ですが、自分のメッセージ履歴を見返したり日常的によく使う言葉を入れていけばそこまで苦労せずにクリアできるでしょう。よほどのことがない限りマニアックなセリフを求めている人はいないと思いますよ。

ゆるい、面白いスタンプが売れる!

売れているスタンプを見ると大半がゆるいキャラクターや面白いキャラクターが使われています。しっかりしたイラストを描かないといけないのかな?と不安に思っている方には朗報ですよ!鉛筆で描いたようなイラストから、失礼ですが落書きのようなイラストを使っているクリエイターさんはとても多いです。実際にそのスタンプを使う場面を考えても、友人や家族との会話ならゆるい、面白いスタンプのほうが送りやすいですよね。自分が使うなら…と考えて作るのが売れるスタンプへの近道かもしれないですよ。

やはり宣伝の力は大きい!

せっかく力を入れて作っても誰の目にも留まらずに終わってしまうととても悲しいですよね。本当に売りたいなら自分の所有するSNSのアカウントなどで宣伝することが重要です。知り合いなら購入してくれる人もいるのではないでしょうか。知り合いが自分の作ったスタンプを購入して、他の人とのメッセージのやりとりで使ってくれれば、あなたのスタンプの認知度は確実に上がります。少し宣伝するだけで後に大きな結果となって返ってくるでしょう。

LINEスタンプは、芸人などのネタが音声付きで送ることもできるので、LINE上で友人との笑いを共有することができます。