照明の効果がすごい?色温度によって部屋の雰囲気が変わる!

リビングやくつろぎ空間には色温度が低いものを!

みなさん、部屋の灯りの色を意識して選んでいますか?実は灯りの色によって人の部屋の感じ方が変わってくるんです!今回はくつろぎ空間であるリビングを例に挙げてご紹介します。リビングは人が最も過ごす時間が多くなるといっても過言ではない大切な場所です。リラックス空間におすすめなのは色温度の低い暖色系の灯りです。温かみのある色は人に安心感を与え、リラックスさせる効果があります。ぜひ家庭に取り入れてみてください。

勉強するときには色温度の高い色を取り入れよう!

特に受験生の方や勉強面で悩んでいるお子さんをお持ちの方など必見です!皆さんは勉強中、なんとなくやる気が起きなかったり眠くなってしまったりすることありますよね?もしかしたらそれは部屋の灯りのせいかもしれませんよ!色温度が低い暖色系の光はリラックス空間に向いており、勉強するときには眠くなってしまったりするのです。そこで、勉強するときには色温度が高い寒色系の灯りを使うことで集中する効果があるようです。

灯りの色が調節可能な電球も!

人によってはリビングが勉強場所という人もいると思います。ですがくつろぎ空間ということも忘れたくないですよね。そこで今では色を変化させることができる電球が最近は開発されているんです!これでリビング空間も勉強空間の早変わりです。勉強以外にも夏場などに部屋を涼しい雰囲気にしたい時にもおすすめです。部屋が涼しく感じられるため、節約にもなりますし、エコロジーですよね!ぜひ日常生活に取り入れてみてください!!

照明設備は暗所を明るく照らすために用いますが、機器の性能や照らす場所の環境などを考慮して最適な位置に置くことが効果的に照らすための心得です。