コピー用紙とはどんなもので、何に使われているのでしょうか?

コピー用紙とはどんなもの?

コピー用紙とは、元々は、コピー機(複写機)で用いられている用紙のことなのですが、コピー機のみではなく、プリンタ用紙としても当り前に用いられています。あまり印刷品質の高いものではありませんが、安価で大量に販売されているので、非常にポピュラーなものとなっています。FAXの中にも、ロール式のFAX紙ではなく、このコピー用紙を使うことのできるものもあります。プリンタにコピー機にFAX、といった複合機能をもつ複合機の場合には、このコピー用紙が文字通りに複合利用されているわけです。

コピー機、プリンタ、FAXで共通に使える!

元々は、コピー機で使う用紙として普及したものでしたが、今ではパソコンなどのプリンタ用紙として使われている、といった場合が多いのではないでしょうか。FAXでも、最近ではロール式のFAX用紙ではなく、一枚ものであるコピー用紙を使用するようになっているものもあります。このコピー用紙は、コピー機にプリンタにFAXにと、共通に使用することができるので、便利でコストパフォーマンスもいいもの、と言えるのではないでしょうか。

コピー用紙のサイズと白黒・カラー対応

コピー用紙には決められたサイズがあり、A3、A4、A5に、B3、B4、B5、などというサイズがあるわけですが、現在、いちばん一般的となっているサイズがA4でしょう。官庁などお役所関係では、元々はB4規格だったのですが、今では民間企業での標準となっているA4サイズにしている、というところもあるようです。コピー機にもプリンタにも、白黒かカラーかといった印刷タイプがあるわけですが、コピー用紙はこのどちらにも対応していますので、特に意識する必要はありません。

コピー用紙とは主にパソコンの用紙に使用され大きなホームセンター、家電量販店等に置かれている白紙のことで枚数は100枚からが主軸であります。