風評被害に合ったら?どんな対策をすれば良いのか悩んでいる方に

インターネットは便利なだけではありません

インターネットは素晴らしい道具です。そこに出ている情報はとても役立つ物が多いと思います。しかし中には他人の個人情報等を書き込むような人間も居るので注意しなければなりません。それは個人だけでは無いです。他にも、企業などの悪評をわざと流すような問題もあります。根拠はしっかりしておらず、ただ、好き勝手に書き込みをしているケースも珍しくありません。そうなると、イメージはどんどん下がります。これがインターネットの風評被害です。

まずは何をしなければならないのか

もし掲示板やSNS、ブログ等で誹謗中傷をされてしまったら、大きくなる前に防がなければなりません。そのためには早めの対策が必要になります。風評被害が広がる勢いはかなりの物です。コピーアンドペーストによってあらゆる場所に広がって行きます。対策として誹謗中傷が書かれている掲示板の管理者に削除依頼を出す事が大切です。お問い合わせや、掲示板管理者のメールフォームを探して、削除依頼をするのがまず風評被害対策の第一手になります。

弁護士に相談をしてみましょう

しかし中にはそれに応じてくれない管理人も居るかもしれません。さらにそのような作業について慣れていなければ、迅速に対処が出来無いです。もし、風評被害等を受けたならば弁護士等、法律のプロに依頼をするのが良いと思います。そうすれば、削除依頼等、あるいは書き込みをした人物の特定を自分の代わりにしてくれるのです。そうすることによって、致命的なダメージを受けなくて済むかもしれません。早めの対策をすることが大切です。

誹謗中傷対策の業者では逆SEOなどによって、検索がされないような対策をすることも可能になっています。